床・土間・コンクリートの上成工業

JPS工法特許番号:第5619592号

経産省 新連携認定事業

JPS工法工法は、床コンクリート表層部仕上げ材の不具合(剥離やひび割れ、不陸等)を解消するために、JS工法の工程に、「粗化(くし引き)」工程、「特殊合成樹脂エマルション塗布」工程を新たに組入れ、耐摩耗性、表層強度及び水密性、耐ひび割れ性に優れ不陸の少ない平滑な表面仕上げを可能し、在来の床コンクリート仕上施工工期を大幅に効率化した1day工法です。

施工マニュアル

JPS工法 施工マニュアル

JPS工法の施工マニュアルです。<PDF形式:約4.1MB>

ダウンロードはこちら
JPS工法 施工マニュアル

1.適用範囲

 床コンクリート仕上げは浸透性強化材、無機質強化材、防塵塗料、塗床などが主に用いられていますが、表層レイタンスや表層部強度不足等といった要因で、仕上材剥離、ひび割れ、不陸等のトラブルに繋がる問題は潜在しています。
 JPS工法は、在来工法に比べ、仕上がり精度、耐ひび割れ性、耐摩耗性、水密性に優れ、トラブル要因を解消した床仕上げ工法で画期的な床コンクリート仕上げ工法です。JPS工法は、工場床、倉庫・物流センター等の床コンクリート仕上げ工事に適用します。

JPS工法 適用範囲

2.JPS工法の特長

JPS工法の特長

3.JPS工法の流れ

締固バイブレーターによる均し作業

名称:サーファー(振動式表面均し装置)

サーファー(振動式表面均し装置)

特徴
1.強い振動で表層部のタンピングを行い、余剰水を浮かせます。
2.振動、殴打によりコンクリート内部のエアーを抜きます。
3.不陸整正に効果があります。
4.骨材を沈め、クラック防止に効果があります。

表面目粗し作業

名称:粗化機(表面粗化)

粗化機(表面粗化)

特徴
1.コンクリート表面を幅3㎜・深さ5㎜程度粗化(クシ引き)することでレイタンス層を分断し無害化させます。
2.粗化(クシ引き)により、後工程で散布する専用改質材とのアンカー効果、及び一体化を高めます。

専用改質材散布作業

名称:散布機(特殊合成樹脂エマルション散布)

散布機(特殊合成樹脂エマルション散布)

特徴
1.専用改質材の散布量を均一に散布でき、作業効率もアップします。
2.専用改質材は希釈等の配合がないため、取り扱いも容易です。
3.専用改質材は仕上げ色をコンクリート色、アズキ色、濃灰色、緑色の4色を取り揃えています。

振動ローラー再転圧による不陸(凹凸)整正作業

名称:ローリー(ローラー式再転圧機)

ローリー(ローラー式再転圧機)

特徴
1.コンクリートの再転圧、締固めにより内部が一層密実になり、ひび割れ抑止に効果を発揮します。
2.表面振動殴打により余剰水を浮かせ、内部の空隙を減少させます。
3.連結した3連のローラーが、著しい不陸(凹凸)を整正します。

金鏝押さえ仕上げ作業

名称:ハンドマン(歩行式金鏝仕上機)

ハンドマン(歩行式金鏝仕上機)

特徴
1.金鏝がトロウェルと一体になっているためスピーディに仕上げが出来ます。
2.従来の手押え仕上げと比較して、均一に鏝が加圧されるために鏝跡が残り難い仕上げです。
3.立ち仕事のため、作業者の腰に負担が少ない作業が可能です。
4.光沢がでます。