床・土間・コンクリートの上成工業

コンクリートをより密実に、よりフラットにします。

バイブレータ式均し機 サーファー(特許)

バイブレータ式均し機

サーファー(特許)

特徴

  1. コンクリート表面を振動機付板で叩打しながら小さな不陸を整正しフラットにします。
  2. コンクリート表面を振動機付板で叩打することで、大きなタンピング効果が得られ、空隙を減少させるためコンクリートをより密実にします。
  3. コンクリート余剰水を早期に排出し、ひび割れ抑止に有効です。
  4. 特殊軽量板を使用し、取扱いが簡単で高率が向上します。

規格・性能

総重量
23kg
寸 法
幅30㎝×長さ200cm
振動数
59Hz(3,500)
遠心力
400kgf(4.1KN)
騒 音
約7mの距離で75~86dB
排気量
25cc

無機質仕上床(フェロコン・カラークリート等)施工に最適な中間均し機です。

中間仕上げ機・中間均し機 サーファーJr(特許)

中間仕上げ機・中間均し機

サーファーJr(特許)

特徴

  1. 重量30kgの振動機付スチール板で叩打することで、無機質仕上材とコンクリートを恭子に一体化させます。
  2. 重量30kgの振動機付スチール板で叩打することで、大きなタンピング効果が得られ、空隙を減少させ、コンクリートを密にし、ひび割れ抑止に効果が得られます。
  3. スランプの小さな生コンにも効果を発揮します。
  4. コンクリート余剰水が早期に排出されることで、表面部の水セメント比が低減され圧縮強度も向上します。

規格・性能

総重量
34kg
寸 法
横20㎝×縦200㎝
振動数
80Hz(4,800)
遠心力
850kgf(8.6KN)
騒 音
 
排気量
25cc

振動機付3連ローラーが不陸(凹凸)を整正し、コンクリート密にします。

ローラー式転圧機 ローリー

ローラー式転圧機

ローリー

特徴

  1. 振動機付ローラーでコンクリートの再転圧・締固めを行うのでコンクリートを密にします。
  2. 連結された3連ローラーで再振動転圧するため、不陸(凹凸)整正に大きな効果があります。
  3. 使用工法(JPS工法等)別のローラー形状を保持しています。

規格・性能

総重量
78kg
寸 法
幅90㎝×長さ150㎝
振動数
64Hz(3,800)
遠心力
712kgf(7.2KN)
騒 音
距離約7mで75〜86db
排気量
35cc

回転式機械(トロウェル)と仕上鏝が一体化しているため、歩行しながら仕上げが可能で効率的です。

ローラー式転圧機 ローリー

コンクリート表面仕上げ機

歩行式ハンドマン(特許)

特徴

  1. 操作が簡単です。
  2. 従来の手仕上げに比べ、仕上げスピードが早く(当社比5倍以上)施工高率を高めます。
  3. 立ち仕事で仕上げることが可能なため、作業者の腰への負担が少なくなります。
  4. 一定な加圧で鏝仕上げが可能なため、鏝跡がほとんど目立ちません。
  5. 鏝部を刷毛に取り替えることでムラのない刷毛引き仕上げが出来ます。

規格・性能

総 重 量
98kg
寸   法
直径95cm
コテ重し
15~20kg
ハンドマン
7kg
騒   音
約7mの距離で75~86dB
排 気 量
165cc

騎乗式トロウェルに仕上げ鏝をセットしているため、圧倒的な仕上げスピードで施工高率を高めます。

ローラー式転圧機 ローリー

コンクリート表面仕上げ機

騎乗式ハンドマン(国際特許)

特徴

  1. 騎乗式のため圧倒的に仕上げスピードが早く、大面積の施工が可能です。
  2. 加圧力(総重量)が大きいため、表面強度が強く剥離が起き難いコンクリート下地ができます。
  3. トロウェル掛け過ぎによる、コンクリート表層部の剥離を抑止します。

規格・性能

総  重  量
220kg
寸     法
幅101cm×奥行201cm×縦130cm
プレート枚数
8枚
グレード回転数
70〜140rpm
動     力
ホンダエンジン23HP