騎乗式ハンドマン(上成工業・国際特許)

method騎乗式ハンドマン(上成工業・国際特許)

騎乗式ハンドマンは、車を運転する感覚でコンクリートの表面仕上げができる機械です。
圧倒的なスピードを誇る「仕上げ屋」です。

歩行式ハンドマンをさらに進化させたもので、騎乗式の回転式機械(トロウェル)の先に、大きな仕上げ鏝(コテ)をセットし、大幅な仕上げスピードアップを可能にしました。

騎乗式ハンドマンは重量があるので、コンクリート床に加えて、表面の強度が向上します。
さらに、大きなコテがしっかりとコンクリート床を押さえてピカピカに磨きます。
工事スピードは従来の工法に比べて、圧倒的に早いです。

大型商業施設など、広大な床面積の現場でも、騎乗式ハンドマンがあれば心配なし。
施工面積が広くなるほど威力を発揮し、コンクリート床の施工効率も大幅にアップさせることができます。

騎乗式ハンドマンの特徴

  • 騎乗式のため圧倒的に仕上げスピードが早く、大面積のコンクリート床の施工が可能。
  • 加圧力(総重量)が大きいため、表面強度が強く、剥離(はくり)が起きにくいコンクリート下地ができます。
  • トロウェルの掛けすぎによる、コンクリート表層部のはくりも抑止します。

規格・性能

総重量 220kg
寸法 幅101cm×奥行201cm×縦130cm
プレート枚数 8枚
グレード回転数 70~140rpm
動力 ホンダエンジン23HP